業務独占資格

業務独占資格とは、ある特定の業務において、特定の資格を有する者のみが行うことができるという法令の定めがある場合にその資格のことをいいます。
つまり、ある業務を行うために必ず必要になる資格ということになります。

例えば、医療行為を行うことが許された医師資格は、業務独占資格の代表的なものです。
もっと身近なところでは、自動車運転免許もこれにあたります。
業務独占資格は法令で認定しているものであるため、国家資格が大多数で、その多くは難易度が高くなっています。
業務を独占的に行うことができる資格なので、当然といえば当然のことなのですが。
業務独占資格は、その業務を行う上で必須要素となるため、就職・転職に有利になることはもとより、将来独立できる資格という見方も強くなります。

業務独占資格には、有償での業務のみが独占となる有償業務独占資格、無償での業務も独占となる無償業務独占資格などの種類があります。
有償業務独占資格としては、公認会計士、弁護士、弁理士、不動産鑑定士、社会保険労務士、行政書士などがあります。
無償業務独占資格としては、税理士、医師、建築士、司法書士、土地家屋調査士、薬剤師などがあります。

無償業務独占資格の根拠としては、技術的に危険を伴うなどの理由で、無償でもその業務における作業自体を禁止する必要がある、ということになります。
ただし、詳しい判断については、それぞれの資格を規制する法令によるところになります。

測量士補

技術

測量士は、土地利用、開発、住宅やビルの建設等において敷地等の測量データを作る技術者に必要な国家資格です。 測量 […]

防火管理者

安全管理

防火管理者は講習を受けるだけで誰でも取れる資格です。 甲種と乙種があり、防火管理者となれる対象物が違います。 […]

ページの先頭へ