フードコーディネーター資格認定試験(3級)

フードコーディネーター資格認定試験は平成10年に設置された比較的新しい資格です。
食に関わる職業としては調理師、栄養士などがまず頭に浮かびますが、近年では、メニュー提案、商品開発、テーブルセッティング、企画編集、広告制作、イベント管理、レストランプロデュース、販促など、関係分野は極度に細分化され専門化しています。
これらの分野を総合的にコーディネートするのがフードコーディネーターで、フードビジネスのすべてに関わります。

フードコーディネーター資格認定試験は1~3級のレベルがあり、1級はまさにプロへの登竜門とされていますが、その最初の入口が3級ということになります。
2級の受験資格は3級の登録者、1級の受験資格は2級登録者となっていますので、全ての人がここからこの資格の上位レベルを目指すことになります。
3級の合格率は90%と高く、公式テストを1ヶ月ほど勉強すれば合格することができるでしょう。

 

【難易度】
★★☆☆☆(やや易しい)

【受験資格】
3級:18歳以上

【試験日】
10月。

【受験地】
東京、横浜、名古屋、大阪、札幌、福岡

【試験内容】
3級:デザイン・アート、経済・経営、科学、文化

【受験料】
3級:10,000円

【問い合せ先】
特定非営利活動法人 日本フードコーディネーター協会

↓通信講座で資格を取るなら!

 

サブコンテンツ

資格関連サイト

就職・転職に有利で女性に適した資格を紹介
女性に適した資格

関連サイト

生命保険を見直す時のポイント・知識を紹介
生命保険の見直しに必要な知識

 

医療費制度の基本・仕組・問題点などをわかりやすく説明
知っておきたい医療費の知識

 

年金の基本・仕組についてわかりやすく解説
知っておきたい年金の知識

格安プロバイダ

このページの先頭へ