福祉・介護の資格

高齢化社会を迎え、福祉・介護の仕事が重要性を増してきています。
こうしたニーズがある一方で、「人のために何かできる仕事をしたい」という意識を持ち、福祉・介護の仕事を目指す人もいるでしょう。

福祉・介護の代表的な資格としては、訪問介護員(ホームヘルパー)、介護支援専門員(ケアマネージャー)介護福祉士、社会福祉士などがあります。

福祉の仕事としては、支援相談員、ケースワーカー、ソーシャルワーカーなどがありますが、社会福祉士の資格があると有利です。

介護の仕事としては、施設介護職員(ケアワーカー)、訪問介護員(ホームヘルパー)などがありますが、介護福祉士の資格があると有利です。

訪問介護員(ホームヘルパー)の資格はそれらの資格を取得するプロセスの一環として、捉える向きが多いようです。
ホームヘルパー(1級・2級)は講習を受けるだけで取得できるので、この仕事に従事している人ならぜひおさえておきたい資格です。

ページの先頭へ