下水道管理技術認定試験

下水道管理技術認定試験は、下水道管路施設の維持管理業務に従事する技術者の技術力を認定するために日本下水道事業団が行う試験です。
同事業団が実施しているい「下水道技術検定の第3種」も下水道の維持管理を行うための資格なので、どちらか一方を取っておけば業務を行う上で支障はないようです。

地方自治体における下水道に関連する各種施設の維持・管理については、民間企業へ委託するケースが多いため、認定試験合格者に対するニーズは高く、のこ業界への就職は有利になります。

 

【難易度】
★★★☆☆(普通)

【受講資格】
特に制限はありません。

【受験日】
11月

【試験地】
札幌、仙台、東京、新潟、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、鹿児島、那覇

【試験内容】
工場排水、維持管理、安全管理、下水道関連法規

【講習料】
7,000円

【問い合せ先】
地方共同法人 日本下水道事業団 研修センター 研修企画課

↓通信講座で資格を取るなら!

 

サブコンテンツ

資格関連サイト

就職・転職に有利で女性に適した資格を紹介
女性に適した資格

関連サイト

生命保険を見直す時のポイント・知識を紹介
生命保険の見直しに必要な知識

 

医療費制度の基本・仕組・問題点などをわかりやすく説明
知っておきたい医療費の知識

 

年金の基本・仕組についてわかりやすく解説
知っておきたい年金の知識

格安プロバイダ

このページの先頭へ