サービス接遇検定(2級・3級)

サービス接遇試験は、接客が必要となるサービス業務において、接遇に必要な知識やコミュニケーション能力を問う検定です。
仕事に対する心構え、対人心理などの理解、応対の技術、口のきき方、ふるまいなどサービス業務における接遇能力など、サービス業務に関係する事項全般が対象となります。
サービス接遇試験には、1級、準1級、2級、3級の4段階のレベルがあり、もっとも基本的なレベルの3級とその上位の2級までが1ヶ月程度の勉強で合格が可能です。
さらに上位レベルの1級と準1級には面接試験があり、合格にはより高度で実践的な能力が必要となります。

企業にとってスタッフの接客能力向上は重要な課題であり、この検定を就業前の教育や接遇マナー教育に利用している企業もあります。
また、就職活動に入る前の学生などが接遇マナーを身につけるために自主的に受ける場合もあるようです。

 

【難易度】
★★☆☆☆(やや易しい)

【受験資格】
特に制限はありません。

【試験日】
6月・11月

【受験地】
全国主要都市

【試験内容】
筆記試験:
サービススタッフの資質(必要とされる要件、従業要件)、専門知識(サービス知識、従業知識)、一般知識(社会常識)
実技試験:
対人技能(人間関係、接遇知識、話し方、服装)、実務技能(問題処理、環境整備、金品管理、諸侯業務など)

【受験料】
2級:3,500円
3級:2,300円

【問い合せ先】
公益財団法人 実務技能検定協会 サービス接遇検定部

↓通信講座で資格を取るなら!

 

サブコンテンツ

資格関連サイト

就職・転職に有利で女性に適した資格を紹介
女性に適した資格

関連サイト

生命保険を見直す時のポイント・知識を紹介
生命保険の見直しに必要な知識

 

医療費制度の基本・仕組・問題点などをわかりやすく説明
知っておきたい医療費の知識

 

年金の基本・仕組についてわかりやすく解説
知っておきたい年金の知識

格安プロバイダ

このページの先頭へ