Word文書処理技能認定試験(3級)

Word文書処理技能認定試験とは、Wordの機能を使用し、ビジネス社会で要求される文書の作成能力とビジネス実務への展開能力を認定を行う資格です。

オフィスにおける実務において、ワープロを利用する機会は非常に多くなってきていますが、その代表的なワープロソフトがMicrosoft Wordになります。
ビジネスにおいて、ワープロ操作能力はもはや必須のスキルになっています。

ワープロは学校の授業でも取り上げられるなど、教育の場でも見かける機会が多くなっているので、見たこともないという人は少ないと思います。
最近はメールをやりとりする上で自然とワープロには慣れていると思いますので、文書を入力して作成すること自体は誰でもほぼ直感的にできると思います。
あとは、基本的な操作・機能をマスターしておけば、3級合格は比較的容易です。

Word文書処理技能認定試験では、レベルとして1級から3級まであり、各レベルの基準は以下のようなものになっています。
3級:Wordを用いて簡単なビジネス文書を作成することができる。
2級:Wordを用いて通常のビジネス文書処理を行うことができる。
1級:Wordを用いて高度なビジネス文書処理を行うことができる。

公式サイトで各級のサンプル問題を受験することもできるので、興味のある人は試してみるといいでしょう。

比較的簡単に取得できる資格である3級については、普段Wordを使っている人なら問題ないと思われますが、浅くても広い範囲の知識が要求されるので、自分が使用する機能だけではなく、全体について一通り頭に入れておく必要があります。
ただ、実際のビジネスでは、狭くても深く掘り下げたスキルが重視される場合が多いので、この資格の取得を機会にさらなるスキルアップに努める必要があることはいうまでもありません。

 

【難易度】
★★☆☆☆(やや易しい)

【受験資格】
特に制限はありません。

【試験日】
随時

【受験地】
全国主要都市の指定会場

【試験内容】
Microsoft Wordを用いた文書作成技能と、ビジネス実務への展開能力を認定します。

学科試験:文書処理、およびMicrosoft Wordに関する知識
実技試験:Microsoft Wordの操作によるdocxファイル、dotxファイル(1級のみ)の作成、編集

【受験料】
3級:5,500円

【問い合せ先】
㈱サーティファイ認定試験事務局

↓通信講座で資格を取るなら!

 

サブコンテンツ

資格関連サイト

就職・転職に有利で女性に適した資格を紹介
女性に適した資格

関連サイト

生命保険を見直す時のポイント・知識を紹介
生命保険の見直しに必要な知識

 

医療費制度の基本・仕組・問題点などをわかりやすく説明
知っておきたい医療費の知識

 

年金の基本・仕組についてわかりやすく解説
知っておきたい年金の知識

格安プロバイダ

このページの先頭へ