日商プログラミング検定は、プログラミングに関する知識やスキルを問う試験です。

昨今は、企業活動におけるIT需要の増大を背景に、小学校の教育課程にプログラミングが導入されるなど、プログラミングは現代人にとって最早必須スキルとなっています。また、高度IT社会の到来により、ITに関するをスキルを持った人材が近い将来大幅に不足することも予想されています。

このような需要に応えるため、日商プログラミング検定では、試験だけでなく、体系的に習得する機会や学習支援の仕組も提供することによって、IT人材育成の一助を担うことを目指すものとなっています。

試験については、ENTRY、BASIC、STANDARD、EXPARTの4段階のレベルに分かれており、各レベルに求められるスキルは以下のとおりです。

ENTRY:ビジュアル言語「Scratch」を用いた簡単なプログラミングやプログラミング的思考を問うもので、初学者向けレベル。

BASIC:プログラミングの基本知識、簡単なアルゴリズムについて問うもので、企業人の素養としての知識レベル。

STANDARD:企業においてIT化を先導できる、プログラミングに関する基本知識・スキルを言語別に問うもので。高校・大学・専門学校等でのプログラミングを習得しているレベル。

EXPART:仕様書をもとにソフトウェアの一部が作成できるなど、IT技術者・プログラマーとしての基本的能力を問う専門的レベル。(2019年施工開始)

段階的に学習をした上で習得度を試験するような形になっていますが、どのレベルからでも受験できます。プログラミング初級者の場合、まずはBASICあたりの合格を目指して取り組んでみてはいかがでしょうか。

【受験資格】
特に制限はありません。

【試験日】
各試験会場の主催者が決めた日時。

【試験地】
商工会議所が認定した「商工会議所ネット試験会場」
※ネットによる試験です。

【試験内容】
BASIC:プログラミングに関するITの基本知識簡単なアルゴリズムについて問う試験です。

【受験料】
ENTRY:3,420円
BASIC:4,320円
STANDARD:5,400円

【問い合せ先】
日本商工会議所・各地商工会議所