パソコン検定(4級)

パソコン検定は通称「P検」と呼ばれ、パソコンに関する知識・スキルからパソコンを取り巻くネット・情報化社会に関することまで、総合的で幅広い知識・技能を測る試験です。
パソコン初心者から企業の情報化を推進するリーダー的人材まで、様々な人が自らのレベルを客観的に判断することができます。

パソコン検定のレベルとしては1級から5級までの8段階があります。
日々進化するパソコンを取り巻く環境に対応するために、合格者の資格には「2012年度4級合格」などのように合格年度が付記されます。
従って、同じ級を続けて受験することも可能です。
5級については、P検のサイトに行ってその場で受験することができるので、誰でもとりあえずP検がどんなものなのかを知ることがができます。

4級については、もはや職場でのパソコン使用は必須なので、これから社会に出る人や学生などは就職前に習得しておきたいレベルです。
4級合格に必要なスキルとしては、パソコン・ネットワーク・情報モラルとセキュリティに関する基本的な知識などが要求されます。
どれも基本的なことを理解していれば問題はありませんが、試験では知っているかどうかが全てになるので、知識に多少自信がある人でも予想問題集などに一通り目を通しておく必要があるでしょう。
タイピングテストでは、試験本番であわてないために、試験時に使用するキーボードの型を確認しておくことも必要です。
操作シュミレーションテストでは、ワープロ・表計算のそれぞれから使用ソフトを選んで、画面上でシュミレーションしながら回答していきます。
選択するソフト(Excel2003、word2003、一太郎2004など)については基本的な操作を一通りマスターしておきます。
P検のサイトで、無料模擬試験なども受けられるので利用してみるといいと思います。

 

【難易度】
★☆☆☆☆(易しい)

【受験資格】
4級:特にありません。

【試験日】
随時。

【受験地】
全国の認定試験会場。

【試験内容】
4級:選択式テスト、タイピングテスト、操作シュミレーションテスト

【受験料】
4級:3,000円

【問い合せ先】
ICTプロフィシエンシー検定協会(P検協会)

↓通信講座で資格を取るなら!

 

サブコンテンツ

資格関連サイト

就職・転職に有利で女性に適した資格を紹介
女性に適した資格

関連サイト

生命保険を見直す時のポイント・知識を紹介
生命保険の見直しに必要な知識

 

医療費制度の基本・仕組・問題点などをわかりやすく説明
知っておきたい医療費の知識

 

年金の基本・仕組についてわかりやすく解説
知っておきたい年金の知識

格安プロバイダ

このページの先頭へ