法人税法能力検定(3級)

法人税法能力検定は、企業内の税務処理から法人企業の中堅経理担当者として税務署への書類作成などの税務処理ができる知識から実務での応用的税務処理など法人税に関する知識を問う検定試験です。

元々は税務会計能力検定試験として実施されていたものですが、平成24年度から「所得税法能力検定試験」「法人税法能力検定試験」「消費税法検定試験」に区分して実施されています。
税理士試験を受験しようとしている人が法人税法の基礎学力確認の意味で受験してみるのもいいでしょう。

レベルとしては、1級から3級までがあり、基礎的な知識を問われる3級なら比較的短期間での取得が可能です。
確定申告で計算する所得税と違って、法人税の場合、収益・費用の判断など一般の人にはあまり馴染みのないものが多く、最初はととっつきにくいかもしれません
簿記などを経験した人なら理解が早く、短期の勉強での取得が望めるでしょう。
税のスペシャリストを目指す人は、スキルアップのために、本資格の1級、「所得税法能力検定試験」「消費税法検定試験」の受験も考えてみるといいでしょう。

 

【難易度】
★★☆☆☆(やや易しい)

【受験資格】
特に制限はありません。

【試験日】
2月・10月

【受験地】
全国各地の制定会場。

【試験内容】
総則、収益・費用の認識基準、益金の額の計算、損金の額の計算、手続き規定など

【受験料】
3級:1,400円

【問い合せ先】
公益社団法人 全国経理教育協会

↓通信講座で資格を取るなら!

 

サブコンテンツ

資格関連サイト

就職・転職に有利で女性に適した資格を紹介
女性に適した資格

関連サイト

生命保険を見直す時のポイント・知識を紹介
生命保険の見直しに必要な知識

 

医療費制度の基本・仕組・問題点などをわかりやすく説明
知っておきたい医療費の知識

 

年金の基本・仕組についてわかりやすく解説
知っておきたい年金の知識

格安プロバイダ

このページの先頭へ