認定機関による資格の種類

日本には1500種類以上の資格がありますが、これらを認定する機関によって大きく分けると国家資格・公的資格・民間資格の3つに分類することができます。

【国家資格】
法律に基づいて国や地方自治体、あるいはそれに準じた機関が実施する資格です。
有資格者は職業的な知識や技術水準が一定以上に達していることを区にによって認定され、法律によってその社会的地位が保証されます。

【公的資格】
財団法人や社団法人などの公的な性格をもった団体等が試験を実施し、各省庁や大臣が認定する資格です。
法的な規定はありませんが、間接的に国が保証するので信用度と地位は高いものがあります。

【民間資格】
企業や協会などの民間団体が認定する資格です。
国家資格や公的資格などのように一定の社会的地位が保証されているわけではありませんが、中には特定の分野で高い評価を得ているものもあります。
趣味的な資格では社会的に認知されていないものも少なくなく、取得することではなくその過程の勉強に意味があるものが多いといえます。

↓通信講座で資格を取るなら!

 

サブコンテンツ

資格関連サイト

就職・転職に有利で女性に適した資格を紹介
女性に適した資格

関連サイト

生命保険を見直す時のポイント・知識を紹介
生命保険の見直しに必要な知識

 

医療費制度の基本・仕組・問題点などをわかりやすく説明
知っておきたい医療費の知識

 

年金の基本・仕組についてわかりやすく解説
知っておきたい年金の知識

格安プロバイダ

このページの先頭へ