調剤報酬請求事務技能検定は、調剤薬局での請求事務業務に必要な知識と技能レベルを証する資格検定です。
専門資格なのに手軽にとりやすく、結婚・出産後も働きやすいなど、医療事務と並んで主に女性から注目を集めている資格です。

調剤薬局事務は、調剤薬局で薬剤師をサポートする業務で、受付や会計、レセプト作成をおこなう他、処方箋のチェック、薬手帳の発行なども行います。
病院やクリニックなどの医療事務の仕事内容に似ており、医薬分業政策によって病院から薬局が分離したことによってニーズが高まった資格です。
町にも小さな薬局を多く見かけるようになりましたが、調剤薬局事務のスキルを持った人材は常に求められています。

通学、通信など多くの講座がありますので、自らの環境に合わせて選ぶことができます。
この方面の知識がない人でも、しっかり勉強すれば短期間で調剤薬局への就職を目指すことができると思います。

【受験資格】
特に制限はありません。

【試験日】
奇数月第3日曜日開催

【試験地】
開催日によって異なるので、主催者サイトを確認してください。

【試験内容】
医療保障制度、薬の基礎知識、保険薬局業務、薬剤料の算定、調剤報酬算定

【受験料】
受験料:9,000円(税抜き)

【問い合せ先】
日本医療事務協会