秘書技能検定(2級・3級)

秘書の仕事は、上司の身の回りの世話や仕事の手助けがメインになります。
秘書書検定は、秘書として必要な資質、職務知識、一般知識、マナー、技能などの能力を測る試験です。
1級・準1級・2級・3級の4つのレベルに分けられています。
準1級と1級には面接試験もありますが、2・3級は一次試験のみで合否の判定が行われます。
60%以上の正解で合格になります。
3級だと一般常識の範囲内で正解できますが、2級になると少し勉強が必要です。

この記事で簡単に取れる資格としておすすめするのは2・3級になりますが、その上位の1級・準1級を取得するにはかなりの勉強・準備が必要となります。
1級・準1級は面接試験があり、面接で実務能力がテストされることもあって、これを持っていれば事務系の就職には有利だと言われています。
2・3級だとこの資格を持っていても就職に有利になるとはいえませんが、社会人としての常識やマナーを学ぶことによって自らのスキルアップに役立てることができるでしょう。
たとえば、今まで勘違いしていたマナーや言葉使いなども改めることができ、それは今後の就職面接の場などでも必ず効果を発揮するはずです。
インターネットからも受験の申し込みができます。

 

【難易度】
★★☆☆☆(やや易しい)

【受験資格】
制限は無く、誰でも受験できます。

【試験日】
年に3回実施。(準1級と1級は年に2回)

【受験地】
全国各地。

【受験料】
2級: 3,700円
3級: 2,500円

【問い合わせ先】
財団法人 実務技能検定協会

スクール・講座一括資料請求

 

サブコンテンツ

資格関連サイト

就職・転職に有利で女性に適した資格を紹介
女性に適した資格

関連サイト

生命保険を見直す時のポイント・知識を紹介
生命保険の見直しに必要な知識

 

医療費制度の基本・仕組・問題点などをわかりやすく説明
知っておきたい医療費の知識

 

年金の基本・仕組についてわかりやすく解説
知っておきたい年金の知識

格安プロバイダ

このページの先頭へ